渋いお名前ですが、見た目はパイナポー。

意外ですが、ユーフォルビアの仲間です。
先の緑のところを見ると、確かにユーフォルビア。

なんだか、今にももの言いたげな表情・・
どこか愛嬌がありますね。

日当たり、風通しのよいところで育ててください。
水は土が乾いたらたっぷりと。