木のスプーンでごはんを食べると、おいしく感じるのはなぜでしょう。

いつものスープに、木のスプーンをつけて出したら、

「今日のスープはおいしいね」

と褒められちゃいました。

同じ形でも、同じものは1つもない。

これ、という1本を見つけると、また欲しくなってしまいます。

かわいくて憎いやつ。。