ベルギーのデザインブランド、
SERAX社製のフラワーベース。

ここのテイストはけっこう昔から好き。

夏ごろの展示会で日本の代理店さんとお話しする機会がありまして、そのときに「SERAXの商品は現地に行ったらもっと沢山のラインナップがあるんで、よかったら来年一緒にベルギーいきませんか?」なんて話になってしまいました。

そして、フランスの南端っこの方と行ったり来たりする日程だそうで、まるで争いの度に両国を行ったり来たりしたルーベンスの絵のよう???

瞬時に、フランダースの犬と一緒にスキップしている自分を想像しておりました。

実現したらまたお知らせしますね。
(スキップじゃなくて買い付けのほうですよ^^)


昔ながらの球根グラス。
でも今は逆にめずらしくて新しく感じます。
実はちょっとだけ入手困難な園芸業界の事情があるからなんですけど。。。。

それはともかくヒヤシンスをセットして、たまに水替えしたりして芽や根が出るのをじっくり待つだけなのに、なんだか楽しくて懐かしい。

素敵な気分を運んでくれる子なのです。