12月13日は「事始め」といい、お正月を祝う準備を始める日とされています。

お歳暮は本来、この日から12月20日くらいまでの間に、「この1年、ありがとうございました」という気持ちを込めて贈るもの。

最近では、お歳暮が一時的に集中するのを避けて、11月上旬から贈り始める方も増えているみたいです。

また、年明けから7日までの贈り物は「お年賀」。

8日から立春までの30日間までの贈り物は「寒中お伺い」「寒中お見舞い」と言うそうです。

年末年始の忙しい時期、お花の贈り物は、心を癒してくれます。

お世話になったあの人へ、心のこもった贈り物を。